「価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない」を解消してGoogle Adsense審査合格した話

雑記
スポンサーリンク

私は一度目のGoogle Adsense申請のときに「価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない」という理由で承認が降りませんでした

原因を推測して、その解消のための少しの修正をその日のうちに実施して、そのまま待たずに再申請を出して審査を合格することができました(つまり特に時間を開ける必要はないようです)

当初の私と同じように

初心者
初心者
  • ブログをはじめてGoogle Adsenseを申請したけど「価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない」という理由で承認されなかった・・・
  • 「価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない」って何を直せば上手くいくのかわからなくて困っている!
  • 私のブログの記事は価値がないのか!?

そのようにお悩みの方に向けて、私が「価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない」と通知を受けてから、審査合格するまでに実際にやったことを説明していきます!

すでにGoogle Adsenseの申請がとっくに通っている雲の上の方々も、こういう初心者的なこと昔やっちゃってたな!というノスタルジーに浸ってもらえればと思います!

あくまで私の場合の一例とはなってしまいますが、同じようなところに引っかかっている方も多いのではないかと思いますので、本記事の内容によって少しでもお役に立てれば幸いです

スポンサーリンク

私が申請がとおったときの状態など

だいたい私が再申請がとおったときは下記のような状況でした

  • 申請に落ちてから次のの申請を出すまでの期間:約半日
  • 再申請してから合格通知がくるまでの期間:2日ほど
  • ブログを初めてからの期間:3週間
  • アクセス数:毎日数件から十数件くらいなので超少ないです・・・
  • 他のアフィリエイト広告の掲載:あり
  • 記事数:24
  • 記事の文字数:最低2000文字くらい
  • お問い合わせフォーム:固定ページに設定
  • プライバシーポリシ:固定ページに設定

修正できた!と思ったらガンガン修正しちゃってOKだと思います

問題を解決するために私がやったこと

Google Adsenseの申請が通らなかった理由を確認する

申請が通らない通知がきたあとにadsenseにアクセスすると、申請が通らなかった理由がざっくりですが書かれています

私の場合は「価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない」という内容でした

はじめはアクセスが少ないせいかな?とも思ったのですが、とりあえず思いつく限りの対策をして再申請してダメならあきらめようと思って、今回紹介することをやって再申請すれば合格できました

みなさんも原因を考えてしっかり取り組めばアクセス数が少なかろうが関係なく合格できますので是非この記事を参考にして再トライしてみてください

記事ページ以外のインデックス登録をしないように設定する(no index設定)

しっかりと記事を書いているはずなのに、コンテンツが存在しないと指摘をされているってことはそれ以外のページが悪影響を及ぼしているのではないかと推測しました

カテゴリ 、タグ一覧ページなどのWordpressやテーマによって自動で生成されているページや、feed、 サイトマップなどの管理用に生成されたものなどがすべて審査対象になってしまっていると、当然それらのページはコンテンツがない!と判断されると思われます

私の場合カテゴリページやタグページなどがまず気になったので、CocoonテーマのSEOのメニューで下記のとおりnoindexの設定にチェックをいれました

また念のため、「All in One SEO」というプラグインを入れてより詳細に設定できるようにしました

「Google XML Sitemap」のプラグインを入れている方は機能が競合するので、「All in One SEO」の機能管理の設定からXMLサイトマップの機能のDisableボタンを押してDisableしてください

「AII in One SEO」の一般設定では念のため下記の部分にチェックが入っていることを確認してください(デフォルトでも入った気がします)

また、私の場合はSearch Console(サチコ)のカバレッジの画面で「クロール済み – インデックス未登録」が30件ほど下記のようにfeedと入ったURLのものがあったので、これらもnoindexにしました

(https://mathematical-free.com/?feed=atom&p=XXX)

方法としてはとりあえず実現できればいいということで、「All in One SEO」の一般設定で、カテゴリータイトルのフォーマットのところに「| %feed%」を追加しました

本来はカテゴリではないのですが、目的は果たせるので手抜きです

あと「お問い合わせフォーム」の固定ページも内容としてはコンテンツがないと言われてもおかしくない分量なので、投稿の編集のところからnoindexを設定しました

価値が低そうな記事をゴミ箱へ移動

私もブログ初心者でとりあえず毎日投稿をしていたのもあり、アクセスが圧倒的に少なくて自分で見ても価値がないなと思うような記事がいくつかありました

そういった記事は評価に悪い影響が出そうなのでとりあえず、いずれリライトするにしてもGoogle Adsense申請中はゴミ箱に入れておきました

削除したページはGoogleに削除申請を出す

Googleに一度インデックスが登録されたページは、こちらで削除してもクローラが削除を見つけない限りキャッシュとして残ってしまうようです(特にブログ作り立ての優先度の低いサイトは優先度が低いので遅いと思います)

下記のページで削除したいページのURLを入れて削除申請すると、数時間から数日で削除してくれます

Google Search Console
Search Console でプロパティに関する Google 検索結果データを監視できます。

完全に削除されるまで再申請を待つ必要はないと思います

Search Consoleのカバレッジを確認

Search Console(サチコ)のカバレッジにて主に下記のようなところを確認しました

  • エラーが出ていないか
  • インデックスの除外されているページは妥当なのか
  • インデックス登録されているが不要なページが登録されていないか

私の場合はありませんでしたが、エラーは適切に対処しておきましょう

また除外されているページについては、先ほどno indexの設定のところで説明しましたとおり、feedがURLに含まれるURLが大量に除外されていたので、念のためさきほどの対策をしました

カテゴリページやタグページ、記事一覧の2ページ目以降のページなど登録したくないページがインデックスに含まれている場合は、先ほどのno indexの設定を確認しましょう

設定後はすぐにSearch Consoleには反映されないと思うのですぐに反映されなくても心配しなくていいです

「EWWW Image Optimizer」プラグインで画像の最適化

Search Consoleでモバイルユーザビリティが悪い!「スマホだと表示がおかしい!」と怒られるときはこちらの手順で解決します

スマホでみたときにページが崩れてしまうと評価が悪くなるのでやっておいた方が良いでしょう

まずプラグインを入れていない方はプラグインを入れて、有効化してください

その状態で設定からEWWW Image Optimizerを選択した画面で一括最適化という文字をクリックしてください

すると画像を最適化するという項目があると思うのでそれをクリックして最適化すればOKです

カテゴリとタグの見直し

カテゴリとタグのページはnoindex設定したので関係ないかもしれませんが、1つのカテゴリやタグに対して記事数が少なくならないようにある程度カテゴリとタグの種類を絞って設定するようにしました

タイトルと導入文の見直し

これは直接関係するかわかりませんが、記事のメインの内容は特に変えてないのですが、記事のタイトルと冒頭の導入文だけ少し修正・追記を行いました

具体的には、どういった悩みの読者向けの記事なのかタイトルや導入文でわかりやすくし、そういった読者に向けてその悩みを解決する記事であることを導入文のなかで説明するようにしました

メタディスクリプションの見直し、All in One SEO Pack部分の説明部の追加

メタディスクリプションと「All in One SEO」プラグインを入れると記入できるようになる説明部は基本同じなのですが、記事全体の要約となるようにしました

その記事がどういう内容でどういうお悩みの読者に対するものなのか要約になっていることが重要です

お問い合わせフォームを固定ページにした

関係ないかもしれませんが、お問い合わせフォームをはじめは1つの記事としていたのを固定ページとして作り直しました

1つの記事としてはあまりにも情報量は少ないページなので記事ではなく固定ページとして、先ほども説明したようにno index設定を入れました

Googleに評価される記事を書く方法

その他、Googleが良いと評価する記事と、悪いと評価する記事のポイントを下記の記事にて網羅的にまとめていますので是非ご参考にしてみてください

Googleの公式ドキュメントを読み込んだ上でまとめていますので確かだと思います!

その他のトラブルシューティング

上記の修正作業を進めるうえでいくつか困った事項があったのでそちらの対処方法を紹介します

「All in One SEO」を入れたときに投稿一覧の表のタイトル部分がくずれる

投稿一覧の右上に表示オプションがあるので、不要なカラムのチェックをはずしてください

「All in One SEO」を入れたときにGoogle XML Sitemapと競合して警告される

再掲になりますがこちらでも説明します

「Google XML Sitemap」のプラグインを入れている方は機能が競合するので、「All in One SEO」の機能管理の設定からXMLサイトマップの機能のDisableボタンを押してDisableしてください

合格後に「ads.txt ファイルの問題を修正してください」とAdsenseの画面で警告

Google Adsenseの申請がとおってGoogle Adsenseの広告メニューにいくと「ads.txt ファイルの問題を修正してください」という警告が表示されています

「今すぐ修正」という文字をクリックするとads.txtのダウンロードができますので、ダウンロードをしてください

そのファイルをサイトのroot(/)ディレクトリに置く必要があります

どうやるんさ?という方もいらっしゃるかもしれないのでアップロード方法を解説します

Conoha WGサーバを使っている場合の方法になりますが、他のサーバの場合も似たような機能があると思いますので置き換えて読んでください

まずConoha WGにログインします

次に「サイト管理メニュー」をクリックして、そこから「ファイルマネージャー」をクリックします

そうするとファイルマネージャが別タブで開くと思います

左にあるpublic_htmlの下にある自分のブログのURLの名前のフォルダをクリックします

今表示されているようなファイルが表示されていると思いますでの、上記画像で赤い四角で囲っている上矢印のアイコンを押すとアップロードのためのウィンドウが表示されるので、そこに先ほどダウンロードしたads.txtをドラッグ&ドロップしてアップロードしてください

Google Adsense画面に反映されるのはもう少し先のようです

最後に

ブログをはじめて言われれはいましたが毎日投稿はそれなりにきつく、1回目のGoogle Adsense申請が落ちたときは、「こんなに頑張ったのに価値の低い広告枠: コンテンツが存在しないとはどういうことだ!」と落ち込みました

正直次の申請が通らないならもうブログやめようかなとも思いました

でも、きちんと原因考えてと対策をすればGoogleはきちんと評価してくれました

今回は私のようなブログ初心者だからこその、きちんと設定できていない部分などが影響したのかなと思いました

ほとんどの方からすると初歩的な部分も多いかもしれませんが、私と同じようなブログ初心者の方々に少しでもお役に立てたなら幸いです

ブログを立ち上げてからやったことについては下記を参考にしてください!

コメント

  1. kiri says:

    AdSense申請の記事読ませて頂きました。合格おめでとうございます^^私は現在3回落ちています。毎回様々な修正をしてですので、本当に落ち込みますね。でも頑張ります。

    • kiriさん、

      本ブログで1人目のコメントありがとうございます!

      正直合格するかどうかはタイミングとかそういうのもあるのではないかと思っています

      再申請まで待つ必要はなさそうでアクセス数も関係なさそうなので、
      とりあえずGoogleに文句の言われないように最低限の部分だけはやって、
      繰り返し申請してみてください!

      私もまだブログ始めたばかりなので、一緒に頑張りましょう!

Copied title and URL