セミリタイアを目指すAIエンジニアの記録②【2020年8月初旬時点】

セミリタイア・投資
スポンサーリンク

セミリタイアやアーリリタイアに興味があるけどどう進めればいいかわからない、他の人が実際にどう進めているか知りたい、世の中の30代独身ってどんな感じなんだろう?と気になったりしませんか?

そんな方のために30代独身サラリーマンの私がセミリタイアに向けてどのように進めているかを報告していきます

今回は前回記事で記載した始動時点から資産状況がどうなったかについて報告します

細かい月の収支などについては前回に記載してますのでこちらもご覧ください

スポンサーリンク

保有資産状況

それでは早速保有資産の変化を報告します

項目前回今回差分
資産合計1915万円1953.4万円+38.4万円
現金預金1760万円1781.7万円+21.7万円
自由金15万円27万円+12万円
投資信託(楽天VTI) 投資金額40万円43.3万円+3.3万円
投資信託(楽天VTI) 損益3万円3.8万円+0.8万円
投資信託(eMAXIS slim 米国株式(S&P500)) 投資金額41万円41万円0円
投資信託(eMAXIS slim 米国株式(S&P500)) 損益6万円6.7万円+0.7万円
米国高配当株ETF(SPYD) 投資金額47万円47万円0円
米国株ETF(SPYD) 損益3万円2.9万円-0.1万円

昨今の状況もあり、出かける機会が少なくった影響で出費もあまりなかったので、自由金枠がけっこう余ってきたという結果となり、トータルでは+38.4万円の進捗です!

使ったのは書籍に2万くらいで、それ以外は最低限の交際費と生活費くらいでした

本当は明日から9日間の夏休み中に帰省して友達と飲みに行ったり、旅行に行ったりするつもりだったんですが、状況が芳しくないので家でおとなしく本読んだり、友達とWeb飲みしたりして過ごす予定です

また、投資の方も計画しているインデックス投資以外は、狙った株価まで下がらなかったため、今回の追加投資はありませんでした

投資における終始としても+1.4万なので、まあ悪くはないかなといったところです

資産の目標値としては5000万円を目指しているため、残り3047万円です!

今のペースだとうまくいけば10年、遅くとも15年には達成できそうですが、それまでサラリーマンを続けられるかどうかですね・・・

投資状況

Sell in May and go away. But remember come back in September. 「5月に売って去れ、ただし9月に戻ってくるのを忘れるな」という格言があるように今はまだ投資タイミングではない気がしています

インデックス投資の方は当然続けますが、高配当株ETFへの投資は9月くらいまでは指値での買い設定だけしておいて放置する予定です

高配当株ETFはアクティブ投資なので焦っては負けます

とりあえずSPYD 27, VYM 77.6くらいまで下がったら、それぞれ100万円ずつくらい購入したいと思います

とはいえ、不労所得への道はまだまだ遠いですね

私の投資に関する考え方について下記にまとめています

副業状況

おそらくPV数が少ないなどが原因だと思われますが、Googleアドセンス様の審査が長引いているのでASPなどの登録を初めて、各記事内におすすめの商品を貼るようにし始めました

PV数が少ない状況ではなかなか厳しいとは思いますが、一応一定数は毎日アクセスしていただけているようですので、引き続き本ブログ運営の方は続けさせていただきます

貼った広告の1つがクリックで報酬をいただけるものがあったようで、2円ほど収益があがっておりました笑

私が実際に購入して使用した商品や、情報収集した結果問題なくおすすめできるもの以外は載せておりません

もちろんアクセスいただいたり、コメントやお問い合わせなどでメッセージをいただけるだけでも大変励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします

ブログのためのサーバー代などを入れるとまだまだ赤字ではございますが、少しずつ前進していければと思っております

ブログはとりあえず100記事書いて3ヶ月から半年くらい立ってから結果がでると言われているようです

現時点で25記事くらい書いているので記事数としては25%の進捗といったところでしょうか

このまま継続して数ヶ月後に笑ってられるのか泣いているのか楽しみではあります

ブログ運営についても記録としてまとめていますのでよろしければどうぞ

最後に

次回は9月の同じくらいのタイミングでまた報告させていただきますので、また見に来ていただければ幸いです

私がセミリタイア に向けて実践している節約・ライフハック術について記事を書きましたのでこちらもどうぞ

コメント

Copied title and URL