やらないと人生損です!SFCの隠れ名作アクションRPG【天地創造】

本・ゲーム・おすすめ
スポンサーリンク

昔のゲームをやってみたいけど面白いゲームが知りたい

スーパーファミコンの名作を知りたい、だいたい名作と言われるゲームはやったけど他にない?

ゼルダの伝説やマーベラスの不思議な島をやったけど、他にもアクションRPGやりたい

少し哲学的なお話が好きだ

そんな方であれば今回紹介する「天地創造」がおすすめです!

やらないと人生損レベルの名作アクションRPGである1995年にスーパーファミコンで発売の「天地創造」を紹介します。

スーパーファミコンのアクションRPGではゼルダの伝説やマーヴェラスの不思議な島なども名作ですが、それらに負けずに自信をもっておすすめできる作品です。

スポンサーリンク

基本情報

1995年にエニックスから発売された私がアクションRPGで一番すきな天地創造について紹介します。

開発はクインテットという、残念ながらもう既にない会社ですが、名作ばかりを出している会社で、他に天地創造を含めたクインテット三部作といわれる、ソウルブレイダー、ガイア幻想気や、スラップスティック、アクトレイザーなどなどそうそうたる名作を出し続けた会社です。

アクトレイザーは一番有名かもしれません。

アクトレイザーの曲が素晴らしすぎて当時開発されていたファイナルファンタジーⅣの曲を一から作曲し直したという逸話もあります。

それだけにつぶれてしまったのはとても惜しい会社です。。。

権利問題でバーチャルコンソールなどには配信されない点も慣れた名作たる由縁ではないでしょうか。

ストーリー

この天地創造ですが、タイトル負けしないほどしっかりとしたストーリーをしています。

そこがこのゲームの大きな魅力になっています。

まず主人公は、開けてはいけないと言われていたドアの中にあった箱をあけてしまうところからはじまります。

そのせいで村の人たちの時が止まってしまいます。

そこから村人を助けるために町の長老の指示により、町の近くにある試練の塔を攻略していきます。

この試練の塔の攻略が終わると、ユーラシア大陸、アフリカ大陸などなどの大陸がひとつずつ封印から解き放たれ、村人も解放されていきます。

この時点で既に天地創造感が既にあります。。。

すべての大陸の封印を解き放ったあと、長老から今すんでいる世界は裏の世界で、表の世界へ行き、表の世界を復活させるように言われます。

ただ、そこは何もない荒れた土地で植物や動物などすべての生き物は住めるような場所ではありませんでした。

そこから、まず植物を助けて、植物が住める世界にし植物とします。

次に動物がすめるような世界にしていきます。

食物連鎖の順に世界をよみがえらせていくイメージで、まさに天地創造です。

植物や動物たちと会話もできます。

そして、最後に人間の誕生になります。この時点から植物や動物の言葉がわからなくなるのが、なんとも寂しいんですが、そこから人間の世界を発展させていきます。

ここからも天地創造の面白いところなんですが、村ごとに発展指数というものがありまして、村ごとのイベントをこなして村の名産物を別の土地に広めたり、村の問題を解決したり、世界中にいる偉人たちの手伝いをしたりなどしていくことで村が徐々に発展していき、実際に村の中も一新していきます。

偉人にはエジソン、ベル、ライト兄弟、コロンブス、ケインズなどなど実際の偉人が登場し、電気、電話、飛行機、カメラなどなどいろんなものを開発したりできます。ハンバーガーやワイン、洋服、などもつくったりできて、自分自ら文明の発展に協力しているかんじですね。

このように大陸、植物、動物、人、さらには偉人たちによる発明や発展の手助けをしていく、これは天地創造そのものだ!と思えるものです。

メインストーリー自体もとても面白く、エンディングでの驚きの展開と感動は一度プレイした人であれば忘れられません。

深いネタバレになるのでここでは詳しく述べませんが、隠れた名作と言われている所以である重厚なストーリーで、エンディングは感動すること保証します。

やらなきゃ人生損してるってレベルにいいゲームだと思いますので是非ともプレイしてみてください。

コメント

Copied title and URL